研究内容
Research

トピックス一覧

  • 2015.03.20

    惑星・系外惑星専用望遠鏡計画の進行

     地球物理学専攻の太陽惑星空間系(C領域)では、口径60cmカセグレン・クーデ望遠鏡「T60」を福島県飯舘観測所からハワイ・マウイ島ハレアカラ観測所へ2014...

  • 2015.04.29

    惑星大気の行方を探る

     地球や惑星の大気は、太陽紫外放射や太陽風(太陽から常時吹き出す超音速のプラズマ流)の影響を受けて、宇宙空間に絶えず流出しています。惑星が保有する大気量や組成...

  • 2015.06.12

    北極域における温室効果気体の観測

     二酸化炭素(CO2)やメタン(CH4)などの温室効果気体が人間活動に伴って急速に増加しており、様々な地域で温暖化が顕在化しつつあります。この問題に対応するた...

  • 2015.07.07

    ストロンボリ火山における地震・地殻変動観測

    地中海に浮かぶエオリア諸島のひとつ,ストロンボリ火山(イタリア)は,紀元前から噴火を続けるヨーロッパを代表する活動的な火山です.現在も数分から数十分間隔で爆発...

  • 2015.08.19

    北半球の寒気の生涯(生成・流出・消滅)に係わる2つの寒気流

    [最近の研究から] 気象学・大気力学分野では、温位座標を用いた大気大循環研究の応用の一環として、寒気の「生涯」に関わる研究を始めた。 「適当な温位」を敷居値と...

  • 2015.09.29

    海域における地震・地殻変動観測

     巨大地震の多くは,海の下にあるプレートとプレートの境目で起こります.しかし,プレートの沈み込みに伴って発生する海底下の地震活動や地殻変動は,発生場所から遠い陸...

  • 2015.11.02

    海洋のベンチレーションの研究とアルゴ計画

    地球表面の70%を占め,平均水深が約3800mにも及ぶ海洋は,大気の約1000倍の熱容量をもち,気候の形成・維持に決定的な役割を果たしています.地球温暖化の問題...

  • 2016.02.01

    人工衛星を利用した海面水温観測の進展

    海の表面付近で測定された水温を「海面水温(Sea Surface Temperature, SST)」といいます。冒頭の図は、日本付近の海面水温分布図の一例で...

  • 2016.03.06

    宇宙プラズマの謎に挑む〜放射線帯の消滅・再形成過程の研究

    図2a.ERG衛星搭載用プラズマ波動受信機の開発風景. 宇宙空間は電離大気であるプラズマで満たされています。宇宙プラズマは非常に希薄であるため、電子やイオン同...

  • 2016.04.01

    沈み込み帯の火山活動 ~蔵王山における観測研究~

    環太平洋火山帯に位置する日本は,全世界の火山の約1割が集中する世界でも有数の火山大国です.これらの火山は,日本列島下に沈み込むプレートの運動によって形成されたも...

  • 2016.06.07

    日射量の長期変動

    図1. 東北大学大学院理学研究科に設置されている日射計(短波放射計、左、中央)および長波放射計(右)  大気と海洋、そして陸域で構成される地球の表層は、太陽か...

  • 2016.07.12

    木星磁気圏での火山爆発に伴うプラズマ変動

    図1. T60望遠鏡で観測した木星を取り巻く高密度プラズマ発光(プラズマトーラス)。中央の木星はフィルタマスクで減光されている。 地球物理学専攻の太陽惑星空間...

  • 2016.08.03

    地震波異方性トモグラフィーで日本列島下のマントルの動的状態を捉える

     地球物理学専攻の固体地球系領域(A領域)沈み込み帯物理学分野では,大量のP波とS波の走時データを用いた解析から,日本列島下のマントルにおける地震波速度異方性を...

  • 2016.12.12

    欧州火星探査衛星Trage Gas Orbiter火星軌道投入に成功

    Fig.1 搭載機CaSSISによって撮影された火星赤道近傍の表面画像. 1pixelが7.2mに相当. (Credit: Roscosmos/ExoMars...

  • 2017.03.27

    インドネシアBiak島での赤道域成層圏大気採取実験

    写真2 大気球に取り付けたビデオカメラによりインドネシアBiak島上空の高度30 kmで2015年2月28日に撮影された風景。 我々は1985年以来、日本や南...

  • 2017.05.20

    地震波ノイズを用いて地下を監視する

    図 桜島での地震波速度変化(青丸:2012年-2014年,全15観測点ペアの平均)と面積歪(赤十字)[Hirose et al., 2017] 地面は,地震の...

  • 2017.08.09

    観測ロケット実験による極域電離大気流出過程の研究

    図1:NEI/PWM電子回路部の較正試験の様子 観測ロケットは、高度約80 km以上の電離圏を直接観測できる唯一の観測手段です。中性気体で構成される下層大気と...

  • 2017.09.22

    海に降る雨

      図1 2016年12月5日 仙台湾にて撮影。  雨といえば集中豪雨など災害絡みで話題になることが多いですが、今回は日本周辺海域における長期的な雨の降り方の傾...